2012年05月12日

高血圧

処方された薬を飲み続けているが高血圧は、なかなか治らない。
高血圧は遺伝な体質もあるからしょうがない。

今の結論は「低塩分の食事をしつつ、
降圧剤を一生飲み続けて高血圧と一命つきあっていくしかない」
なんて思っていませんか?


ところが、あるんですよ!!それが、薬も運動も不要で、食事だけで血圧を下げる藤城式食事法。たったの三日でも血圧が下がっていきます。改善しなければ1〇〇パーセント返金されます
posted by 高血圧 at 16:33| 高血圧 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月11日

高血圧 治療 降圧剤のコワサ




降圧剤を飲まずに高血圧を放置しておくと、
脳卒中、心筋梗塞、動脈硬化、腎不全などの危険な症状を
引き起こす可能性がとても高くなります。

したがって一般には、病院で高血圧と診断されると
「塩分と運動に気をつけて薬を飲んでください」と言われ、
当たり前のように降圧剤が処方されます。

医師の判断だからシカタナク処方された薬を飲んでいますよね。

「最近は、年齢に関係なく血圧の目標数値を設定して、上回った場合には降圧剤を服用させていますが、投薬を続けているとますます交感神経が緊張してしまい、脳に血流が行かなくて、早くぼけてしまうのです。

目や脳、腎臓は血流不足に敏感な臓器です。降圧剤でダメージを受けてしまう危険性があります。」

と言うのは国際医療福祉大学教授の和田 秀樹氏。

つまり、降圧剤を飲み続けると、
通常より早く認知症になってしまうことが多いのです。
posted by 高血圧 at 16:32| 高血圧 治療 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月12日

高血圧 食事「塩分さえ控えれば血圧は下がる」は大ウソ!

日本では長い間「過剰な塩分摂取が高血圧の原因」だと考えられてきました。

しかし、日本の研究機関在籍者では初めてとなる
『米国心臓協会Corcoran 賞』を受賞した東京大学医学部の藤田敏郎教授の研究(1995年)によると、人間には2種類のタイプがあるとわかったのです。それは、

1.食塩を取ると血圧が上がる人=「食塩感受性」
2.食塩を取っても血圧が上がらない人=「食塩非感受性」

「食塩感受性」の人は、これまでの常識通り、
塩分を取れば血圧が上がってしまいます

このことは最近の医学界では常識となりつつあり、
多くの学者が「塩分と血圧は無関係である」と声を上げています。


無理な減塩食事ではない藤城式食事法でたったの3日で、血圧は下がっていきます。血圧の改善がなければ100%お金は返ってくるのでアンシンです。
posted by 高血圧 at 16:31| 高血圧 食事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
日本のゲーム機
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。